浮気の理解者はいる?

浮気相手が単数と複数というのは、本質的に違うのか、ただ数やチャンスが異なっただけなのか、それはケースバイケースだろう。だが最近、複数恋愛や分散恋愛が注目されると、単なる浮気ではなく、相手が複数、という状況にも理解者が現れるのだ。

心理学者が、現代のその上うな女性たちを、次のように分析して説明する。

「人間関係の稀薄化というのが大きいでしょう。少子化のために、家庭の中で無菌培養されてきた今の若い人たちは、本気で相手とぶつかりあうことが怖いんです。それで恋人とも、一定の距離をおいてつきあおうとする。また、怒りや悲しみを直視するのも恐ろしいから、誰かにフラれても、大きなダメージを受けないように、エネルギーを分散させておく。結局は自分が傷つかないための自己防衛。そんな気持ちが強いから、広く、浅くという複数関係になりがちなんでしょう」

べつに複数恋愛を勧めているわけではないが、こういう事情なんだからしどっがないよねえ、という見方だ。

ただし、彼には女性の浮気心が、よくわかっていないのかもしれない。というのもその心理学者は、恋愛についてのいわゆるハウツーものの著作が多いのだが、基本的にはコンサバ男性である。

たとえば、「あなたはどちらの人生を選びますか?」との問いに、「(A)一生、一人の人から深く愛される (B)一生、そこそこモテる」の二択の答を用意し、多くの女性はA、男性の半分はBを選ぶようだと説明する。その根拠は示されないので、おそらくその心理学者の印象的な判断によるものなのだろう。

そりゃ、彼の周囲にチャラチャラいるであろう女性たちの甘い考え方はいざ知らず、日本企業においても終身雇用制が崩れつつある今日、しかもこの長寿国において、(男性よりも現実的な)女性が、(もしマトモな教育を受けているなら)「一生、一人の人から」なんて、本気で考えるはずがない。

それにその「一人」がコケたら、どうするのだ。弱い女なればこそ、「そこそこモテる」資質を身につけておくべきだと思わない女性がいるとしたら、「誠実」ではなく単に「浅はか」なのだ。

また、三人の男性から告白されて一人に絞りきれない女性の相談を考える出来事があったのだが、そのアドバイスが「無理にひとりに絞る必要はありません」と言いながらも、「どの人でもいいから、とりあえずつきあってみる」と、矛盾しているのだ。

まあ迷うということは決定的には魅せられていないからで、そのうち「本命」が現れる可能性もあるのだろうが、そこまではその心理学者は言い切っていない。いずれにせよ三人とも、彼女がまだ付き合っていないのなら、「浮気」でも「複数恋愛」でもない。